◆経営者・人事担当者のためのメールマガジン

トモノでは、経営者や人事総務担当者、部下をもつ上司の方々向けに役立つ情報を定期的に発信しています。(メルマガ登録していただくとバックナンバーもご覧いただけます)


部下のモチベーションや人材育成、人材採用、リーダーシップ、人事制度など、人材に関するテーマを取り上げ、理論的な話から事例紹介・トピックス・経験談にいたるまで分かりやすくお伝えします。

Vol.45 日本代表のあのプレーから考察するリーダーの決断力

Vol.44 人を大切にする経営学から学ぶ②~いい会社に共通する仕組みとは

Vol.43 人を大切にする経営学から学ぶ①~会社が幸せにすべき5人と優先順位

Vol.42 部下のモチベーションを上げるには人間関係に配慮する

Vol.41 欲しい人材を見極める!~採用面接のコツ②

Vol.40 欲しい人材を見極める!~採用面接のコツ①

Vol.39 離職率4.8%の秘密~なすびの心をベースにした人的経営とは

Vol.38 いい会社とは何か?「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」から考えてみる

Vol.37 ドラッカーから読み解くコミュニケーション術

Vol.36 就活成功のカギは、幼少期からの父親との会話にあった!

Vol.35 求人は「ママさんバレーの法則」でうまくいく

Vol.34 ジョハリの窓~自己分析し人間関係を円滑にする

Vol.33 春は出会いの季節~相手を知るためのコミュニケーション・ワークショップ

Vol.32 LGBTと企業対応

Vol.31 社員が定着するためにリーダーとして押さえておくべき4+1要素

Vol.30 外国人労働者の採用イロハ② 社会保険

Vol.29 家族主義・アナログ主義のいい会社~たこ満視察報告

Vol.28 外国人労働者の採用イロハ① 在留資格

Vol.27 家族経営主義を徹底する会社~感動創庫LFC視察報告

Vol.26 人を動かす経営理念・行動指針

Vol.25 ポケGOのように夢中で仕事ができるようになる?~ゲーミフィケーションのポイント

Vol.24 人材不足時代を生き抜くヒント③~若者の採用・定着

Vol.23 人材不足時代を生き抜くヒント②~さまざまな働き方改革

Vol.22 人材不足時代を生き抜くヒント①~制約社員と働き方ゼロベース思考

Vol.21 郷に入っては郷に従わず~外国人労働者と上手くつき合うには

Vol.20 新卒採用は戦略的に~就職白書から読み解く傾向と対策

Vol.19 求人を出さなくても人が集まる会社~沢根スプリング社視察報告

Vol.18 売り手市場でワガママ化!?~意識調査から見えてくるいまどきの新入社員像

Vol.17 大人の発達障害を考える~職場における理解と対処法

Vol.16 社員の働きやすさを追求する~松岡カッター製作所視察報告

Vol.15 コミュニケーションはまず自分を知る~エゴグラムの活用

Vol.14 新卒採用は親をファンにする

Vol.13 マネージャーの4つの役割

Vol.12 効果的な部下の褒め方~成果でなく努力を褒める

Vol.11 増える安定志向~今どきの新入社員の傾向と対策

Vol.10 部下のことをどれくらい知っていますか?~個別面談のすゝめ

Vol.9 日本で一番大切にしたい会社大賞

Vol.8 欲しい人材を採用するには②~求人票作成のポイント

Vol.7 欲しい人材を採用するには①~ターゲットを広げ、ネットを活用する

Vol.6 部下の自立性を高める~仕事を任せ考えさせる

Vol.5 評価査定①~賞与査定は逆算の発想で

Vol.4 賃金とモチベーション②~インセンティブの弊害

Vol.3 人を大切にする、いい会社の経営指標

Vol.2 賃金とモチベーション①~不満足要因を解消する

Vol.1 動機づけ要因と不満足要因

ちょっとご紹介

 

Vol.45  日本代表のあのプレーから考察するリーダーの決断力

 

今回は、予選最終戦のポーランド戦の最後で日本チームがとったあのプレー(パス

回し)を例に挙げ、リーダーの決断力について考えてみようと思います。

 

あのプレー(戦術)、皆さんはどう感じられましたか?賛否両論それぞれあるかと思いま

す。(正解・不正解はないと思いますが)

 

賛成派の人は結果重視のタイプ、反対派の人は内容重視のタイプと言えるのではないでし

ょうか。

そう考えると、経営者は賛成派の人が多いかもしれませんね。会社経営は結果が出てナン

ボの世界。しょせんきれいごとを並べても結果が出なければ意味がない、と考える経営者

は多いと思うからです。

 

さて、もし皆さんが西野監督の立場だったら、あの場面、何をよりどころにどう判断・決

断するでしょうか。或いは、職場においてリーダーとして重要な決断を迫られた場合、何

をよりどころにどう判断・決断するでしょうか。

 

私なら、例えば次の観点から考え、最終的に決断する(決断したい)と思います。

①その決断は、チーム(会社や組織)の理念や行動指針、目標に合っているか?

②中長期的にみて、その決断を選択した場合のリスクやデメリットはどうか?

③その決断に責任をもてるか?

 

①は、そもそもチーム(会社や組織)の明確な理念や行動指針、目標やビジョン(以下

「理念等」)といったものがあることが大前提となります。

理念等が無いと、場当たり的な見当違いの判断・決断になりかねません。理念等は、進む

べき道を外さないための道しるべともいえます。

更に普段から、選手(部下)に理念等を周知していること、リーダー自ら理念等にそった

言動がとれていることも重要です。口先ばかりで言動が伴っていなければ、いざというと

き選手(部下)は心から動いてくれないでしょう。

 

②は、その決断により例え何かしらの結果を出せたとしても~


最新の人事労務に関するトピックスから気になる法改正や話題をピックアップ。企業のとるべき対応やリスクマネジメントについて分かりやすくお伝えします。

6月

1 同一労働同一賃金②~ついに出た!最高裁判決から読み解く実務対応

5月

1 同一労働同一賃金①~正社員の賃金が下がる?日本郵便がとった策とは

2 平成30年度助成金②

4月

1 仮想通貨で給与を払えるか?

2 平成30年度助成金①

3 5月から雇用保険の一部手続きにマイナンバーが必要です

3月

1 労働時間の定義と企業が取るべきリスクマネジメント

2 有期契約社員の離職理由の取扱いが変わりました

3 社保の氏名変更・住所変更手続きが不要に

2月

1 労働契約と請負契約の違いを押さえよう

2 4月から障害者雇用義務の対象に精神障害者が加わります

3 3月から健康保険・介護保険の料率が変わります

1月

1 2018年労働法関連の展望

2 4月からキャリアアップ助成金の支給要件が一部変わる予定です

3 4月から労災保険料率が一部変わります

11月

1 その同意書、絶対安心?

2 来年から労働者の募集や求人申込みの制度が変わります

10月

1 最新判例と通達から押さえる、固定残業代のリスクと対策

2 iDeCoって何?社員が加入したら会社手続きが必要です

9月

1 迫る無期転換申込権~まだ間に合う、企業がとるべき準備と対応

2 障害者雇用率、来年度から2.2%に

3 今月から厚生年金保険料率が18.3%に変わりました

8月

1.静岡県の最賃832円~答申出そろう

2.賃金請求権が5年になる!?~気になる改正民法の影響

7月

1.精神疾患の労災認定が過去最高~職場のメンタルヘルスで企業が注意すべきこと

2.10月から育休が2歳まで延長可になります

ちょっとご紹介(2018.6)

 

今回は次について取り上げます。

1 同一労働同一賃金②~ついに出た!最高裁判決から読み解く実務対応

 

前回に引き続きき、働き方改革法案のうち企業に大きな影響を及ぼすであろう「同一労働

一賃金」(正規と非正規の不合理な処遇格差の是正)について取り上げます。

6月1日、同一労働同一賃金に関する裁判「長澤運輸事件」と「ハマキョウレックス事件」

について、最高裁判決が下されました。今回はこれら2つの労働裁判を取り上げ、企業が

取るべき実務対応をご紹介します。

 

両事件では、労働契約法20条に違反するかどうかが争点でした。

そもそもどのような法律なのか、まず確認しておきましょう。

 

労働契約法20条

「有期労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件が、期間の定めが

あることにより同一の使用者と期間の定めのない労働契約を締結している労働者の労働契

約の内容である労働条件と相違する場合においては、当該労働条件の相違は、労働者の業

務の内容及び当該業務に伴う責任の程度(以下この条において「職務の内容」という)、

当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して、不合理と認められるもの

であってはならない。」

 

簡単に言えば「有期と無期の労働条件が異なる場合は、その相違は不合理であってはなら

ない」というものです。

具体的には次の3つの要素で判断します。

①職務内容(業務内容・責任の程度)

②職務内容・配置の変更範囲

③その他の事情

ちなみに、賃金の各手当それぞれについて、個別に不合理かどうかを判断します。

 

では両事件を見ていきましょう。

 

長澤運輸事件

【事件の概要】

・定年後再雇用者(有期契約労働者)となった社員が、業務は同じで賃金が21%減とな

ったことを不服として訴えた事件。

・具体的には次の賃金について、不合理かどうか判断された。

1能率給

2職務給

3精勤手当

4住宅手当

5家族手当

6役付手当

7時間外手当(超勤手当)

8賞与

 

【最高裁判決の判断基準】

・再雇用された嘱託乗務員と正社員は、職務内容と配置の変更の範囲が同じだが、賃金に

関する労働条件はこれだけでは定まらない。

・経営判断の観点からさまざまな事情を考慮でき~

 

 


メルマガ登録(下記の必要事項にチェック・入力して送信ください)

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

登録後、解除したい方はお手数ですがその旨メールにてお知らせください。