VAN HALEN ライブ!!

先日、VAN HALENのライブに行ってきました。

会場は東京ドーム。ファン層は圧倒的に40代。子どもはほとんど見かけず。
会場は東京ドーム。ファン層は圧倒的に40代。子どもはほとんど見かけず。

ついにこの日が来ました!

昨年14年振りのオリジナルアルバムを出しワールドツアーを開始。昨年末来日する予定も、エディの病気でこの日まで持越しだったのです。

 

思えば私が高校生のときに出会ったVAN HALEN(以下「VH」)。

エドワード・ヴァン・ヘイレン(以下「エディ」)のギターテクニックは当然として、そのあっけらかんとしたスケールの大きな音楽性に、すぐに心奪われたのでした。

私が最も影響を受けた、最も尊敬する、最も好きなミュージシャンです。

若き日のVH
若き日のVH

ただし人気絶頂の80年代中期にボーカルのデビット・リー・ロス(以下「デイブ」)が抜け、その後ボーカルが2人務めましたが結局うまくいきませんでした。

またエディが大病を患ったり、ベースのマイケル・アンソニーが脱退したり…ここ15年くらいはまともに活動できていませんでした。

 

もうこのままVHも過去の伝説になっていくのか…と半分あきらめかけていました。VHに対する情熱みたいなものはかなり薄れていました。

 

徐々に会場のボルテージは高まります。
徐々に会場のボルテージは高まります。

でもそんな矢先のデイブの復活。

この約15年、ほんといろいろありました。丸くなったんだね、デイブもエディも。素直に嬉しいっす(泣)

 

そんないろんな思いを抱えた中で迎えた今日のライブだったんです。

巨大スクリーンと光のシャワー。
巨大スクリーンと光のシャワー。

開演予定時刻から約10分経過した頃、突然ライトが落ちました。期待と興奮で客はざわめきます。

そして次の瞬間、デイブの掛け声とエディのギターが鳴り響きました。瞬く間に観客は歓声と同時に総立ち。

オープニングはお決まりの「unchained」。イントロが始まった瞬間に一気に会場全体のボルテージが頂点に達するこの感じ、やっぱライブはたまりません!

 

昨年発表されたアルバム。
昨年発表されたアルバム。

そのままファーストアルバムの最初を飾るナンバー「running with the devil」へ。この曲が聴けるとは。

続いて昨年のアルバムから「she’s the women」。ここ最近は、このアルバムを聴きまくって予習してきましたからバッチリです。

気づいたら、勝手にリズムを刻んで曲のサビを一緒に大声で歌って(叫んで?)いました。こういうときって恥ずかしさなんて微塵もないんですよねぇ…とても人にはお見せできない姿ですが(笑)

3塁側内野席から観る4人は米粒ほどにしか見えませんでしたが、ステージバックの巨大スクリーンに映し出される映像でばっちりその表情は分かります。

ステージ上を駆け回るデイブはやっぱりエンターテイナー。歌うというより叫びまくるデイブ節は健在。やっぱVHのボーカルはデイブしかいない!途中なぜか「石の上にも3年」ってカタコトの日本語で叫んでました(笑)

 

当日のギターラインナップ(エディのFBより拝借)。ライブでは手前の白のギターを使用。
当日のギターラインナップ(エディのFBより拝借)。ライブでは手前の白のギターを使用。

エディはいつもどおり終始ニコニコ。

世界で一番尊敬するこのギター界の革命児が奏でるギターは、ソロに限らずリフやバッキング、その全てにしびれまくり。

息子のベーシスト、ウルフに近づいて親子共演するシーンは印象的でした。

でも、こんな凄い親父と共演する息子の気持ちはどんなんだろ?

若い頃はデイブもエディも飛び跳ねたり、足を高く蹴り上げたりしていましたが、さすがもう50を過ぎたいいおっさん、そこはあまり無理しませんでした()

 

アレックス。
アレックス。

エディの兄でドラムのアレックスは一番変わらない。若い頃から老けていたからですが、ある意味一番安定しています。

ドラムソロはサンバっぽいリズムで、これは初めて聴くパターンでした。

デイブとエディ。
デイブとエディ。

中盤、特に盛り上がったのは「you really got me」と「hot for teacher」。ビルボードチャートでも上位にランキングされた、よく知られた曲です。

私の前列は外人親子だったのですが、そのオヤジさんが終始興奮していて、hot for teacherのイントロが始まるやいなや振り返り、私に向かって「hot for teacherhot for teacher!」って叫んでハイタッチを求めてきました。

 

ウルフ。VHは4人中3人が身内という家族経営です(笑)
ウルフ。VHは4人中3人が身内という家族経営です(笑)

恐らく私が全曲サビを大声で歌っていたから、「こいつ日本人だけど知ってるな」って背中越しに思っていたんでしょうね()

代わりに「mean street」では、こっちからハイタッチしてやりましたが。

ちなみにその外人オヤジの息子はというと、興味ないらしく、途中、椅子に座ってゲームをやっていました()

東京ドームは音が悪いのが残念。
東京ドームは音が悪いのが残念。

さて、その後も予想していなかった古い曲も飛び出し、ファンにはたまりませんでした。

個人的には「somebody get me a doctor」「oh pretty woman」「mean street」「dance night the away」「and the cradle will rock」あたり。特にmean streetのイントロはいつ聴いてもしびれる!

シンセで始まる「I’ll wait」も渋くて良かったぁ。「ice cream man」はデイブの完全ソロ。アコギ姿のデイブは珍しいです。続く「panama」は大合唱。

そして今か今かと気になっていたエディのギターソロ。

通常はライブの丁度真ん中あたりでやるのですが、今回はかなり終盤でした。このパターンは初めて。

ソロが始まると、待ってましたと言わんばかりの歓声がドーム一杯に広がりました。

途中、エディはちょこんとステージ上に腰をかけてギターを弾くのですが、スクリーンにギターと指が超アップで映し出されます。会場中、このギター革命児の指の動きに釘付けです。

いつ観ても、そのテクニックと豊富なアイデアに圧倒されます。プレイ内容はいつものとおりでしが、約8分間のソロの間、観客は賞賛とも言える歓声と拍手を送り続けました。

正直、本当に目の前で弾いているのかどうかよく分からない錯覚に陥りました。実感が湧かず、夢の中にいるような感じ。最後にデイブの「エディ・ヴァン・ヘイレン!」という掛け声で現実に戻った感じでした。

 

↓録画したエディのギターソロ♪(ちなみにこのライブ、録音・録画OK)

王者の復活♪
王者の復活♪

そのままのテンションで「ain’t talkin’’bout love」。これも人気がある曲です。会場中「ヘイヘイヘイ!」と大合唱。

 

曲が終わり、そこで一旦幕引きしようとするV.H。するとお決まりのアンコール拍手が。それに対して意外とあっさりイントロが流れました()

イントロのシンセが流れた瞬間、観客は恐らく今日一の歓声を上げました。曲は言わずと知れた「jump」。ちなみにこの曲のエディのギターソロのアイデアは本当に凄い。

 

そして興奮冷めやらぬままライブは終了したのでした。

アメリカンハードロックの王者の完全復活、やったぜVAN HALEN!!


演奏リスト

1 unchained
2 runnin'with the devil
3 she's the woman
4 I'm the one
5 tattoo
6 everbody wants some!!
7 somebody get me a doctor
8 china town
9 hear about it later
10 oh pretty woman
11 alex drum solo  
12 you really got me
13 dance night the away
14 I'll wait
15 and the cradle will rock…

16 hot for teacher
17 little dreamer
18 romeo delight
19 mean street
20 beautiful girl
21 ice cream man
22 panama
23 eddie guitar solo  
24 ain't talkin''bout love
25 jump
 

アルバム

van halen(1978)

van halenⅡ(1979)

women and children first(1980)

fair warning(1981)
diver down(1982)
1984(1984)
a different kind of truth(2012)

                  お見せします、新しい社労士像。

                  トモノ社労士事務所

                 静岡市駿河区中田本町13‐33‐403

            電話054‐202‐0385

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Mヨシ (日曜日, 14 7月 2013 14:10)

    興奮が伝わってきますね~♪
    まさかの「石の上にも3年」とは・・・(笑)

  • #2

    tomono (水曜日, 17 7月 2013 09:50)

    Mヨシさん、興奮が伝わりましたか。ありがとうございます。

    あとブログには書きませんでしたが、ライブの途中、デイブがヤクザに扮して銭湯で悪者を日本刀で切り込むという「寸劇」が上映されました。ちなみに悪役の1人は小錦でした(笑)
    やはりこの人、日本が好きなんですね。