ロック③ ザ・ドクター/チープ・トリック

今回はチープ・トリックのアルバムを紹介。

チープ・トリックは、本場アメリカよりも日本で人気がある(あった?)ポップロックグループ。

 

今回紹介するのは「ザ・ドクター」(1986年)。

当時チープ・トリックはどん底真っただ中で、このアルバムも商業的には不発。

従来のファンからしても、シンセを多用した当アルバムは評価が割れたと思う。

 

ただ僕的には佳曲揃いで、いたるところに”マジック”(=聴くのが病みつきになるポイント)みたいなものがたくさんあって、高校生の頃、よく聴いていた愛着あるアルバム。(今思えば、高校生向きな内容だったかな)

 

この次のアルバム「Lap of Luxury」(1988年)から「The Flame」が全米ナンバーワンを獲得、10年ぶりに復活したというニュースに、当時凄く嬉しく感じたのをよく覚えている。

ただその後もセールス的な不調が長く続き、当ブログを書くにあたり「あいつ今何してる?」じゃないけれど、気になってググってみると何だか来日するみたい。

 

ドラムのバン・E・カルロスとは何だかいざこざがあったみたいだけど、とりあえず元気でやってるみたいで良かった。


前のブログ  次のブログ→

 

人材の採用・定着コンサルティング

トモノ社労士事務所

静岡市駿河区敷地2‐9‐5‐405

☎054-237‐6811