ポップス④ ランゲージ・オブ・ライフ/エブリシング・バット・ザ・ガール

今回は、エブリシング・バット・ザ・ガールのアルバム。

「ランゲージ・オブ・ライフ」(1990年)。

このアルバムを知ったのは、ちょうど大学生の頃だったか、友人から借りたのがきっかけ。

 

当時はまだAORの余韻が残っていて、ヨーロッパ系のお洒落なアーティスト(スウイング・アウト・シスターとかワークシャイとか。なぜか男女混合のグループが多かった)たちが、これまたお洒落なアルバムを出していた。

 

当アルバムは、ほのかにジャジーでヨーロピアンテイスト溢れる爽やかなポップスに仕上がっている。全体的にもの悲しさも感じられて、これがまた憂いを帯びた声と実にマッチしてんだな。これからの季節にはぴったり。


前のブログ  次のブログ

 

人材の採用・定着コンサルティング

トモノ社労士事務所

静岡市駿河区敷地2‐9‐5‐405

☎054-237‐6811