ウイズコロナが変えたもの

ウイズコロナで、働き方や価値観、生活そのものが変化している。

例えば、タブレット等で動画を見る機会が明らかに増えた。

 

これにはいくつか理由があって、もちろん家の中にいる時間が増えたというのもあるが、今のテレビがつまらないため。元々積極的に見る方ではないが、チャンネルをつければ、クイズかペットかグルメかというくらい各局同じような番組にうんざり。更に再放送とくれば、ますます見る気は失せる。

 

そして、何と言っても興味をひくYouTubeなどの動画が(恐らく)増えているため。特にビジネス系や趣味に関する動画は、ついつい見入ってしまう(また興味をそそる動画が次々とアップされるんだな、これが)。

またいつも頭の片隅に、セミナーや社員研修でネタになるものはないかという意識をもって見ていることも多い(実際に参考にしたこともある)。

 

 

以前は、ユーチューバーという職業を懐疑的に見ていたが、ウイズコロナでニーズ(視聴者)は確実に増えるだろうから、そのような意味でも、もう1つの立派な職業と言っていいんだろう。

ウイズコロナは、そんな風に意識を変えさせた。


前のブログ   次のブログ→

 

採用・定着コンサルティング        

トモノ社労士事務所 

静岡市駿河区敷地2‐9‐5‐405  

☎054-237‐6811