リーダーシップディスカッション

先日、リーダーシップについてのディスカッションで登壇した。

主催は介護労働安定センター。

参加者は市内の介護施設の経営者や施設長ら。前回同様、対面グループとリモートグループに分かれての参加となった。

 

取り上げたテーマはリーダーシップ。

前回のテーマは人材育成で、「対部下」という視点での話となったが、今回は「対自分」。

更に昨今のコロナ対応は、もはやリーダーシップの問題だと感じることもあり、今回このテーマにしてみた。

 

「リーダーシップとは」「人生で影響を受けたリーダーは」についてワークをしてもらい、その後、リーダーシップとは何か?グループディスカッションしてもらった。

対面グループでは、

・方向性を示す

・伝える力

・責任感

・信頼

・暖かい気持ち

といったような意見が多かった。

 

続いてPM理論についてご紹介。

簡単に言えば、リーダーにはP(成果を上げる力)とM(組織をまとめる力)の2つの力が大切だ、という理論。

恐らく先ほどワークで書き出してもらった、過去に影響を受けたリーダは「PM型」に入るのだろう。

 

これをベースに、「成果を上げるためには」「組織をまとめるには」何が必要かワークしてもらい、ディスカッションしてもらった。

 

対面グループでは、

・成果の前に組織づくりが大切

・楽しく働ける環境を作ること

・そのためには個人の強みや希望を知り支援する

・目標のベクトルを揃える

といった意見が出た。

 

 最後にまとめ。

・リーダーシップとは「目標に向かって周囲に影響を与える」こと。

・優れたリーダーは、成果を上げる力と組織をまとめる力の両方を携えている。特に良好な人間関係を築いている。

・まずはリーダーから変わること。

 

勇気を出しリーダーから変わり、是非今回得た気づきやヒントを今後のリーダーシップに活かしていただけたらと思います!


前のブログ    次のブログ→

 

採用・定着コンサルティング        

トモノ社労士事務所 

静岡市駿河区敷地2‐9‐5‐405  

☎054-237‐6811