ブルースツアー Vol.3

ブルースツアー3日目。

予報通り朝から雨だったが、最初の目的地であるミシシッピ川沿いのトム・リーパークへ着くころには何とか止む。

 

しばし散策。川幅が広いせいか、流れはゆったりと見える。

公園は芝の広場になっていて、散歩するには最高。

今日は1日メンフィス市内を散策。

ちらほら見かけるスクールバス。追い越すと罰則対象になるそうだ。

ここが有名なロレインモーテル。1968年4月4日早朝、この2Fバルコニーでキング牧師は銃弾に倒れる。

 

今は公民権運動博物館になっている。

入口では、セキュリティーチェックが行われる。

有名なローザパークス事件が、原寸大の銅像とバスで再現されている。

バスに入ると、白人運転手の音声が流れる。よく聞くと、白人に席を譲るよう命じている。

その命令を断固として拒否し、とうとう逮捕されたローザパークス。

この事件をきっかけに、バスボイコット運動が過熱していく。

人種差別撤廃を訴える学生たちが乗り込んだグレイハウンドバス。無残にも爆破される。

博物館の向かいのアパートも今は博物館になっている。犯人はこの辺りからキング牧師を撃ったのだ。

 

館内には白人も黒人もいたが、一体どんな気持ちで見ていたのだろうか。

いずれにせよ、非常にヘビーな内容だ。奴隷制度から人種差別まで、いろいろと考えさせられる。

また「見せ方」がうまい。緊張感が半端ない。ホント感心する。

 

博物館周辺には、公民権運動に関するアート作品が。

道を隔てたところにある「Blues Holl of Fame 」。

ブルースマンの貴重なギターや資料が展示されている。

入ると、ブルースに関するポスターや写真がきれいにディスプレイされている。

”テキサスの稲妻頑固おやじ”ことライトニン・ホプキンス。この人のギターはサイコー。

ここは、ミシシッピ以外のブルースマンにもスポットを当てているようだ。

地下に降りていくと、ブルースマンごとにディスプレイで展示されている。

おお、ブラインド・ボーイ・フラーだ。

この辺りは、デルタブルースの初期。

ハウリン・ウルフ。

マジック・サム。

オーティス・ラッシュとスティーヴィー・レイボーン。

レイボーンのハッピはいいねぇ。誰も説明しなかったのだろうか(笑)

BBキングとU2のコラボ。そう言えばあったあった。

フレディ・キングとアルバート・コリンズ。

ジョニー・ウィンター。

Think of Me

ミュージアム前のメーン道路を走る市電。

昼はミュージアム前の店へ。

ポップな店内が、いかにもアメリカっぽくていい。

 

ケイジャン料理の一種、フライド・キャット・フィッシュを注文。いわゆるナマズ料理ね。

 

白身魚のような味。しょっぱくて衣も独特な感じで、せいぜい一匹で十分。ライスは水っぽい。

 

続いて訪れたのは、スタックス!メンフィスソウル!

指パッチンと言えば、日本ではポール牧。こっちではスタックス。

アイク&ティナターナー。

レイ・チャールズ。

アレサ・フランクリン。

ソウルトレ~ン、ソ~ウルトレ~ン♪

アルバート・キングの貴重なギブソンフライングⅤ。

ドナルド・ダック・ダンのフェンダーベース。

やっぱブルースブラザーズはマストだな。

アイザック・ヘイズの車。バブリーやね。

駐車場奥の建物の入り口には、正装した黒人が。ゴスペルでも歌うのだろうか。

サン・スタジオ。

エルビス・プレスリーが録音したことで有名。

付近に駐車場がないため、路駐が目立つ。

店内は、カフェとお土産売り場が混在している。

多くの人でごった返している。それにしても、よくこんなところでお茶できるなぁ。

初日に行ったビールストリート界隈を散策。

そのうち急に風が出てくる。あまりにも寒くなったので「Rock&Soul Museum」へ逃げ込むように入る。

 

受付でイヤホンと小さなコントローラーを渡される。

コントローラーで番号を選択すれば、それに対応したディスプレイの説明がイヤホンに流れてくる。

 

ここは、ブルースとソウルの歴史が一気に手っ取り早く学べるといった感じだ。

ちなみに、この写真の左上の人物がロバート・ジョンソン。

 

 

WDIAラジオ。

はいはい、さっき行きました。

ソウルレーベルのHI。

 

しかし、今日は朝からミュージアムデーだな(笑)

ルーファス・トーマスのブルーストレイルマーカー。

夕食は、ビールストリートにある店へ。

グリルドチキンとライス、そしてコロナを注文。肉は薄くて硬めだったが、ペッパーが効いていて美味(^^ 正直この倍は全然いける。

ライス、そしてズッキーニとレモン?の付け合わせも初めての味だったが美味。

 

雰囲気もアメリカンな感じで明るく、店内には多くの客が食事を楽しんでいる。この店気に入った!

夜は、またもやBBキングブルースクラブでライブ三昧。2Fの特別席で堪能。


ブルースツアーVol.2                    ブルースツアーVol.4