ブルースツアー Vol.1

先日、ブルースツアーに行ってきた。主にメンフィスとミシシッピーを中心に、ブルース所縁の地を巡礼しつつ、ライブも楽しもうという企画。

今回から、そのときの様子を何回かに分けてブログに記そうと思う。(当該内容は、仕事とは全く関係ありません(笑))

今回、行く先々で写真のようなマーカーが出てくる。マーカーは、ミシシッピが輩出したブルースマンの所縁の場所に立てられている。

 

これは「ミシシッピ・ブルース・トレイル」といって、ミシシッピ・ブルース・コミッションによる文化プロジェクト。

当プロジェクトは、アメリカ政府からの補助金等で運営されている。

 

ブルーストレイルを紹介した動画。

マーカーは100を超える。

ブルースマニアは、これを巡ったりするわけだ。

 

マーカーがなければ、これらの貴重な文化財が、このまま人々の記憶からなくなってしまうのだろう。

 

今回、旅のお供に持参した本。

 


ダラスを経由し、いよいよテネシー州メンフィスへ。

気持ちは高まる♪

”Home of the Blues,Birthplace of Rock'n'Roll”

メンフィス空港では、早速こんなディスプレイがお出迎え。

 

♪がトレードマーク。

レンタカーをピックアップし、ホテルへ移動。

でかいコンボイが普通に走っている!これこれ、いきなりアメリカ感100%。

はいはい、通るよ~

よく見ると歩道や横断歩道がない。幹線道路は完全に車専用になっていて、人は誰一人として歩いていない。

給水塔。「バクダットカフェ」を思い出す。

今回宿泊するホテル。

場所は、テネシー州からミシシッピー州に入ってすぐのところ。

 

ちなみに、ホテルに行く前に食料品の買い出しのためにスーパーへ寄ったが、食べたいと思うものはほとんど無し(笑)

部屋はこんな感じ。ベッドが高い。

部屋の壁に掛けられた作品。

よく見ると、それぞれの州のナンバープレートで作られている。州によってデザインが違うのがいい。

 

こちらに来て気づいたのだが、アメリカは、ナンバープレートは車の後ろのみについている。

夕食はホテル近くの「メンフィスBBQ」へ。

日差しが強く少し暑いくらいだが、湿度はなくカラっとしている。

メンフィスの地ビール。

味はバドのようにあっさりしていて飲みやすいが、逆にパンチはない。

BBQと言っても、想像していたものとは随分違う。おいしかったが、大味感は否めない。

ちなみにこれで4人前(笑)とても食べきれないのでお持ち帰り。

 

日本人はチップがいいのか、やたら黒人ウェイターがはりきっていた(笑)

 

夜は、メンフィスにあるビールストリートへ。

その付近にあるこの建物、実は数年前まで稼働していたギブソンギターファクトリー。残念ながら今は使われていない。

 

ここから一帯がビールストリート。

ライブハウスや飲食店が軒を連ねる。ライブハウスは、中の音をガンガン外に流している。

中でも最も有名なのが「BBキングスブルースクラブ」。

あの今は亡きBBキングが経営していた。

 

ストリートの端には、メンフィスポリスがパトカーで常駐している。

店内には既に多くの人がいて、ステージ前では踊りを楽しむシニアの姿も。

人混みを掻き分け、カウンターで立って楽しむことに。黒人バーテンダーにコロナを注文。6ドルと言われ10ドル紙幣を出すと、釣りは3ドル50セント。チップも取られたわけだ。

 

それにしても、ストリートには黒人も多く見られたが、なぜか店内の客はほとんどが白人。逆にバーテンダーや受付、ウエイターは黒人ばっか。

角の店ではブルースハープが聴けて、渋めで良かった。

 

多くの店がノーチャージで入れる。自分好みのミュージシャンや音楽に出会うまで色々回るもよし、一つの店で留まるもよし。楽しみ方は自由。

結構ロックをやっている店が多かったようだ。

ブルースカフェ。主に食事がメインのこの店は、結構有名みたい。

ギフトショップも何店舗かある。

エルビスがメインのギフトショップも。

ストリートではこんなパフォーマンスが。


前のブログ               ブルースツアーVol.2